がんの補完代替療法Complementary alternative therapy

がんの補完代替療法

補完代替療法とは、がんの標準治療(外科手術、薬物療法〔抗がん剤治療〕、放射線治療)を補ったり、その代わりに行う医療のことです。日本での調査研究では、がん患者さんの45%が何らかの補完代替療法を利用しており、その内訳は、サプリメント・健康食品が最多の95%であったと報告されております(2005年、厚生労働省研究班)。

当クリニックでは、『絶対効く治療法はないが、絶対効かない治療法もない」という考え方のもと、がんに対して少しでも効果が期待できる治療法をすすめていきます。
当クリニックで行うがんの補完代替療法は全て自由診療になります。費用が高額になる場合もあります。効果と費用を患者さん、ご家族と相談の上、治療法を決定していきます。

当クリニックはがんに対しては、まずは標準治療をすすめていきます。がんの標準治療が困難になった方、現在がんの標準治療を行っているが並行して補完代替療法を行いたい方が、当クリニックでの治療の対象となります(がんの標準治療を行っている方は、がんの標準治療を行っている主治医の先生の許可が必要となります)。
当クリニックでは、がんに対して、高濃度ビタミンC点滴療法、抗がんサプリメントのカイジ、丸山ワクチン、栄養療法をすすめています。これらを単独で治療する場合もあれば、組み合わせで治療する場合もあります。

初診の際、治療法を決定。その後は1週~2週に1回の頻度で再診を行います。

高濃度ビタミンC点滴療法High concentration Vitamin C drip therapy

ビタミンCのがんに対する効果

ビタミンCは血中濃度が高まると、活性酸素のひとつである過酸化水素を大量に発生させます。正常な細胞はカタラーゼという酵素によって過酸化水素を中和できますが、がん細胞にはカタラーゼがほとんどなく過酸化水素を中和できません。最終的には、過酸化水素は細胞のエネルギー生成障害を引き起こし、がん細胞を破壊(細胞死)に導きます。

ビタミンCは超高濃度になると、体に必要な栄養素というだけだはなく、抗がん剤として力を発揮します。

高濃度ビタミンCの適応

すべてのがんに高濃度ビタミンC点滴を行ってみる価値があります。がんの標準治療の外科手術前・抗がん剤治療中、標準治療が困難になった際など、様々な時期に行うことができます。高濃度ビタミンC点滴療法のがん治療への有効性を認めた報告は多く、欧米では多くの医師が高濃度ビタミンC治療をがん患者さんに行っています。日本でも、がん患者さんにビタミンC治療を行うことは多くなってきました。現在、日本をはじめ世界の様々な国で臨床研究が行われています。

高濃度ビタミンC点滴の禁忌
  • G6PD欠損症(低下)症
    G6PD酵素異常症は遺伝性の溶血性疾患で、この酵素異常があると、ビタミンCの静脈注射によって溶血発作を起こす可能性があります。G6PD酵素異常症の方は高濃度ビタミンC点滴療法を行うことはできません。)
  • 活動型心不全
  • 高度の腎不全・透析
がんに対しての高濃度ビタミンC点滴療法の流れ
  • 01医師による診察(初診)
  • 02一般採血(腎機能もチェックします),G6PD採血。
  • 03ビタミンC点滴療法の実際。
    最初はビタミンC12.5gの点滴から開始し、25g→37.5g→50g→62.5gと徐々にビタミンCを増量していきます。ビタミンCの点滴が50gになりましたら、ビタミンC点滴後、反対側の腕から採血して、血中のビタミンC濃度を測定します。
    (がん細胞を殺すことができる治療濃度3500㎍~4000㎍/mlに達しているか確認)。
  • 04治療濃度に達するビタミンC投与量を決定。
  • 05ビタミンC点滴は週2,3回、まずは3カ月行い、その時の状態によって点滴頻度を減らしていくことを検討していきます。

高濃度ビタミンC点滴療法の副作用

ビタミンC点滴療法の副作用は非常に少ないと言われています。
稀ながら重篤な副作用に腫瘍出血、腎機能障害、溶血の報告があります。

高濃度ビタミンC点滴療法を行うにあたっての費用(すべて税込みです)

G6PD採血
G6PD採血(1回のみ) 8,000円
ビタミンC点滴療法
ビタミンC 12.5g 13,000円
ビタミンC 25.0g 16,000円
ビタミンC 37.5g 19,000円
ビタミンC 50.0g 22,000円
ビタミンC 62.5g 25,000円
ビタミンC 75.0g 28,000円
ビタミンC濃度測定
ビタミンC濃度測定(治療濃度が決定するまで) 8,000円

初診料(20,000円)、再診料(10,000円)は別途かかります。

当クリニックで使用するビタミンについて

当クリニックでは防腐剤の入っていない外国製のビタミンCを使用しています(日本製のビタミンCには防腐剤が入っており、高濃度ビタミンC点滴療法には適しておりません)。また、ビタミンCは温度に不安定なため、徹底的な温度管理(2℃~8℃)が必要です。当クリニックでは、温度設定が細かくできるビタミンC専用の冷蔵庫があり、保存には十分注意しております。また、停電に対しても十分な体制をとっており、患者さんに安全なビタミンCを提供しています。

カイジ(槐耳):抗がんサプリメント(抗がん生薬)Kaiji: Anticancer Supplement

カイジ顆粒

カイジ顆粒は、1980年代初頭から中国で研究が開始され、1992年に、中国国家衛生部より、『国家第一類抗がん生薬』と認定されました。現在、中国の病院では、がん患者さんに広く使われています。カイジは老齢の槐(エンジュ)の木にのみ寄生する大変貴重なキノコ=カイ栓菌です。

カイジ顆粒の基礎データ

  • がん細胞のアポトーシス(自死):がん細胞のアポトーシスを誘導
  • 腫瘍抑制作用:実験腫瘍マウスで、腫瘍の抑制効果
  • 細胞免疫賦活作用:マクロファージ(生体内の異物をたべてしまう細胞)、とNK細胞(リンパ球の一種で直接がん細胞を殺す細胞)を活性化
  • サイトカイン(生理活性物質)の誘導作用:免疫を高めるインターロイキン2などの産生を刺激
  • 血管新生抑制作用:がん細胞による新生血管産生の抑制

カイジ顆粒の適応

すべてのがん、すべての病期が対象となります。予防にも効果が期待できます。

カイジ顆粒の費用

  • がん治療では約60,000円/月、予防では約16,000円/月です。
  • 初診料(20,000円)、再診料(10,000円)は別途かかります(税込みです)。

福岡県での取り扱いは、当クリニックがはじめてとなります。

丸山ワクチンMaruyama Vaccines

丸山ワクチンとは

丸山ワクチンは1944年、丸山千里博士によって皮膚結核の治療薬として誕生しました。皮膚結核に効果は認めましたが、ハンセン病の症状に対しても効果を認めたとのことです。丸山博士は皮膚結核やハンセン病の患者の方には、がん患者が少ないという共通点を見つけました。丸山ワクチンを実際のがん治療に用いたところ、がんが縮小する方や、がんと共存して長年過ごされる方が出てきたとのことです。丸山博士は、がんを体から排除する治療法ではなく、がんと共存したまま生きる方法もあると考え、丸山ワクチンによるがん治療が始めました。

現在、免疫療法を行う病院はたくさんありますが、丸山ワクチンは日本における免疫療法の元祖なのです。

丸山ワクチンの特徴

  • 01副作用がほとんどない。
  • 02延命効果がみられる。
  • 03がんの症状緩和が図れる。
  • 04免疫力を高める。→がんを縮小もしくは自滅に導くこともある。
  • 05がんを封じこむ。→がんの増殖、転移を阻止。がんと共存。

丸山ワクチンは有償治験薬

1981年厚生省(当時)は、丸山ワクチンを費用を患者さんに負担して協力していただく治験薬=有償治験薬と認めました(治験薬は本来無償で提供されます)。

丸山ワクチンの治療を受けるまでの流れ

STEP01

丸山ワクチンは治験薬ですので、当クリニックの医師は治験担当医師となります。当クリニックに来院されるまでの経過を、それまでの主治医の先生に記載していただいて当クリニックの医師にお渡しください。当クリニックの医師が、治験承諾書(丸山ワクチンによる治験を引き受けるという治験担当医師の承諾書)と丸山ワクチン治験登録書(現在までの治療経過をまとめた書類)を記載致します。

STEP02

上記の書類を持参して、ご本人、ご家族か身内の方が、日本医科大学付属病院ワクチン療法研究施設を来院。手続き、説明後、丸山ワクチン1クール分(20本、40日分)が渡されます。有償治験の費用は、1クールにつき9,000円(消費税別)
となっております。これは薬剤のみの費用です。

STEP03

第2回目以後の申込時には、毎回、当クリニック治験担当医師が記入した丸山ワクチン臨床成績経過書(丸山ワクチン使用中の病状経過書)の提出が必須となります。来院の場合は日本医科大学付属病院ワクチン療法研究施設当方の医師が面談。手続きをしていれば郵送もして貰えます。

丸山ワクチンの定期接種

丸山ワクチンは注射液で、濃度の高い(濃い)A液と、濃度の低い(薄い)B液との2種類があります。これを1日おきに、A、休、B、休、A、休、B・・・・という順で皮下に注射していきます。当クリニックでは週3回(月・水・金グループと火・木・土グループ)注射します。

丸山ワクチンの適応

免疫療法であるので、がんの部位・種類を問わず対象となります。がんがわかってから、いつからでも開始できます。

丸山ワクチンを行う際の費用(薬剤を除いて)
書類作成代 1回につき5,000円
注射手技代 1回につき2,000円

初診料(20,000円)、再診料(10,000円)は別途かかります(税込みです)。