がん訪問診療Cancer home medical care

緩和ケア

がんは珍しい病気ではありません。
たとえ、がんになって亡くなったとしても、それは敗北ではありません。
それよりも、限りある人生を自分らしく生きることが大切です。
どこでどう過ごしていくかは、ご自身・ご家族が決めていくことです。
緩和ケア病棟がある病院か?住み慣れた我が家か?

緩和ケアとは?

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。
「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

緩和ケアは、

医師、看護師、薬剤師、などの多職種がチームとなって、がん患者さんとその家族を支援します。

がん訪問診療

在宅医療には、医師が診療計画を立てて定期的に診察に伺う「訪問診療」と、体の具合が悪くなったり、症状の急変時などに患者さんや家族の要望を受けて不定期に行う「往診」とがあります。訪問診療は、診療・治療・薬の処方・療養上の相談・指導等を行います。外来通院が困難な患者さんが対象となります。がん訪問診療は、緩和ケアを患者さん宅にて提供致します。在宅ホスピスと同じです。

訪問診療のご利用の流れ

01お問い合わせ
入院中、外来通院中の病院の主治医・看護師にご相談の上、医療相談室・地域包括支援センター・地域医療連携室を通じてお問い合わせください。
もしくは、担当のケアマネージャーにご相談の上、当院へ直接ご連絡ください。
02情報を提供して頂きます
入院中・外来通院中の場合、主治医の先生より診療情報提供書を頂きます。
もしくはケアマネージャー・訪問看護師より現在の状況をおうかがいします。
03初回面談
入院中の方は、病院にて『退院前カンファレンス』を行います。その際、当院のご契約内容についてご説明します。それ以外の方は、当院スタッフがご自宅へお伺いし、当院のご契約内容についてご説明致します。
04訪問診療日の決定
ご契約にご承諾頂けましたら、ご本人やご家族のご都合を伺い、初回診療日を決定いたします。
05訪問診療開始

当院のがん訪問診療(在宅ホスピス)の位置づけ

がん訪問診療(在宅ホスピス)を、訪問診療(在宅医療)のうちの、いろいろある疾患の一つとして、行っている診療所・クリニックが大半だと思われます。

当院では、がん治療の一環として、がん訪問診療(在宅ホスピス)を考えています。がんの治療は外科治療・化学療法・放射線治療・緩和ケア治療があり、緩和ケアを提供する場は、外科治療・化学療法・放射線治療を行っていれば、その治療を行っている病院の緩和ケアチーム、抗がん治療が困難になって、がんの症状緩和が必要な際には、緩和ケア外来、外来通院も困難になった際は、緩和ケア病棟に入院するか、がん訪問診療(在宅ホスピス)となると考えています。当院では、がん治療の一環としての考え方のもと、がん緩和ケア内科外来とがん訪問診療(在宅ホスピス)を提供しています。

当院院長の園部は、呼吸器外科医・がん治療医として、外科治療・化学療法を患者さんに提供、放射線治療医と連携しながら放射線治療にも携わってきました。緩和ケアにおいては、緩和ケアチーム、緩和ケア外来、緩和ケア病棟での勤務、がん訪問診療(在宅ホスピス)をすべて経験してきました。

訪問診療可能範囲

訪問診療可能範囲
福岡市 中央区・博多区・南区・東区・城南区 全域
西区・早良区 ほぼ全域
春日市 全域
大野城市 全域
太宰府市 ほぼ全域
那珂川市 半分程度
糟屋郡 志免町・粕屋町・須恵町・新宮町 全域
篠栗町・宇美町 ほぼ全域
久山町 半分程度
筑紫野市 ごく一部
糸島市 一部

原則、当院から直線距離(半径)で16km以内

当院は、大名にありますので街中の対応も可能です。